混沌をピンクに乗せて

静かに流れる日々
浮き足立つでもなく
不自由なき時間
満たされてるでもなく

少しのトキメキも
詩(うた)への憧れも
冷めない飲み物も
予期せぬイタズラも

いつしか消え逝く日々
哀しいは生まれず
流されうる価値観
追いかけるでもなく

混み合う感情も
消せない後悔も
付きまとう哀れみも
嫌いな疑いも

割れるきっかけのひび
ハンマーは脆く
光が見えない予感
道がないわけではないのに

赤なる交差点
気にせず立ち止まり
舞う桜吹雪に
気持ちを乗せてみた
[PR]
by gallery_isolate | 2009-04-10 21:14 | poem(詩) | Comments(0)