カウントダウン

30、29、28、息を切らした
駆け巡るは時か我か
さらにスピード、増して

25、24、23、諦めている
絵札無きポーカーだね
有り金出しても逃げ出す

それは美談さ、我が身振り切り名誉を追った?
死ぬための自分、悦ばせるくらい愚かなゲームね

20、19、18、先は明朗
迷える路も望みで
駒に感情を込めてる

15、14、13、実感纏う
思い出すは満月の夜
罪な仕組みに嘆くけど

それは醜いね、目の前を蹴って外界を撫でる?
撫でたその爪は血を出せる鋭利、潤わぬ瞳

10、09、08…
07、06、05…

04、03、涙は出なくなった
02、実を軽くした
01、重い手、振り切った
00、地に墜ちて逝け
00、地に墜ちて逝け
00、地に墜ちて逝く

I know、マイナスからのスタート
[PR]
by gallery_isolate | 2009-05-05 16:03 | prose poetry(散文詩) | Comments(0)