思(し)について

砂場でを山を作るくらひ
手に届き過ぎる自己表現
唯一目指すも埋もれてく
地に足つき過ぎ、誰の為

ただただただただ窺ふは
誰かれ知らずに消へる花
でもまたしかし糸ならば
こころや夢と向き合へる
[PR]
by gallery_isolate | 2009-05-21 13:17 | prose poetry(散文詩) | Comments(0)