代理動物園

ぺっとがすきだから
いきものがすきだから
ぼくらはすきなもののため
どうぶつえんにあつまった

いつでもかれらにふれられるなら
かれらをしあわせにできるなら
ぼくらはすきなもののため
どうぶつえんにあつまった

じゆうなどうぶつもちよって
じゆうにしいくをしていいよ
りそうのばしょがあったとよろこび
どうぶつえんにあつまった

まえからいてはるひとたちは
なにをおもってここにつどって
どんなどうぶつそだててて
どんなゆめ、みせてくれるだろう

いずれはぼくもあのひにいだいた
くうそうをじつげんさせようと
あらゆるどりょくをしつくしてまで
まっすぐまっすぐいきてきたけど

どうやらおかしなかぜがふく
そだてるよろこびに、あふれてない
どうぶつへのあいが、ここにはない
ぼくらのいばしょが、どこにもない

どうやらここでのどうぶつなんて
たんなるどうぐでしかなくて
しいくにはしるぼくらがまるで
しいくをされてるいきものさ

ぺっとがすきならば
いきものがすきならば
ぼくらはすきなもののため
どうぶつえんにはあつまるな
[PR]
by gallery_isolate | 2009-08-26 23:47 | prose poetry(散文詩) | Comments(0)