諦めの詩(うた)

再起? 元に戻せる悦び等味わう必要も無く
吐息、 深く濁して、瞳開きながら眠った

背徳、 残し去るは、紫の夢
解得、 できぬ体、灰色まで薄まれ

心と言葉と子供の頃の

叫んだ声今更頭が繋ぎ
遠くに景色映す
病なら慣れてる。だから今ここで
この舌、さらけ出して

待望。 耳塞いで、煩い静寂から
逃亡、 できた後は、喧騒嫌ってた

心の底は漫ろの泥を

吐き出したい、吐き出せない、首輪が締め付く
時の音(ね) 刹那、止まる
哀しさなら創り出した虚像だから
光よ、ここに射して

(-またやがて、雨は降るというのに)
[PR]
by gallery_isolate | 2009-09-04 11:38 | lyric(詞) | Comments(0)