それでも朝はやって来る

僕らが地球にいる限り
必ず朝はやって来る
人の心は無視をして、
勝手に朝はやって来る。

だけれど僕らは厄介な
感情抱えて生きるから
無であるはずの朝にさえ、
その日の気分を映し出す。


待ち望んでいた答を待った
夜も眠れず待ち続けていた
「次目覚めれば道が拓ける」、
そうして朝はやって来る。

積み重ねてきた自分を魅せる
夢に描いた姿が現る
幕が開く時が来た、と、
そうして朝はやって来る。


言葉をもって傷つけられた
人に会いたくないと思った
このまま夜が続けばいいのに、
それでも朝はやって来る。

深夜街のまだらな光に
眠りを忘れた人たちがいて
減らせぬ紙山と格闘すれど、
それでも朝はやって来る。


凍える体を守れない
雪山の中で陽(ひ)を求め
間に合わずして固まっても、
遅れて、朝はやって来る。


独りで過ごした淋しさの後
再会を喜ぶ二人で過ごす
夜のベッドはとても温かい、
その後、朝はやって来る。

二人で過ごした幸せの後
旅立つ君を忘れずにいる
僕の隣には誰もいない、
その後、朝はやって来る。


僕らが地球にいる限り
必ず朝はやって来る
人の心は無視をして、
勝手に朝はやって来る。

だけれど僕らは厄介な
感情抱えて生きるから
朝に喜びを見出して、
朝に哀しみを見出して。
[PR]
Commented by yukino roka at 2009-11-07 22:06 x
本当に良くも悪くも必ず朝はやってきますね。なんか共感します。
Commented by gallery_isolate at 2009-11-08 20:47
共感してくださるとうれしいです!! コメント、ありがとうございます!!
Commented by 実夢 at 2009-11-16 00:17 x
なんか凄くひしひしと思いが伝わってくる詩です。
男っぽく人間くさくリアルに表現されている感じですが
とても繊細な心、寂しい心、朝に無数に飛び交う感情や葛藤。
そんなものを感じます。
女である私も同じです。
涙が出てくるほど。。
それでも朝になってしまうのですね。
ああ、、凄く身近に感じる詩だと思いました。
上手に素直に表現されてますね☆
Commented by gallery_isolate at 2009-11-17 10:46
>実夢さま
ご無沙汰しております。
感想コメ、ありがとうございます!!
無意識ながらに男っぽさが出てしまうあたり、
第三の性を名乗ってても隠せないんだなぁと思いました(笑 ありがとうございます。
これからも、自分らしい表現を追及していければ、と(><)

また実夢さんのサイトもちょくちょくお邪魔しますね!
by gallery_isolate | 2009-11-07 00:07 | poem(詩) | Comments(4)