サイカイ→サイカイ

部品の再会が果たした最低限要素の集まりは
此処に天然の音鳴りの役割を再開させたので
他との差異化一途に前進のみを継続したいが
競合と比較した故の最下位を気にも食わない
部位と決別する千載一遇の機会に際会すると
手切りの才、介する事無くその牙を光らせた
[PR]
by gallery_isolate | 2009-11-25 21:50 | prose poetry(散文詩) | Comments(0)