存在といえば

暗闇の中、

鞄の中から鍵を取り出そうとして、

なかなか手にその感触を掴めなかったときに、

急に現れた一本の街灯、


例えるならば、そんな感じでしょうか。
[PR]
by gallery_isolate | 2009-12-13 10:21 | prose poetry(散文詩) | Comments(0)