章話・時代

同じ時間の流れの中で

あるところでは人に幸せが訪れているし

同じ時間の流れの中で

あるところでは人に悲しみが訪れている


そんな「時間の流れ」に乗って

一日に一本、皺が刻まれていそうな

僕の祖父の顔に備わっている

声が発せられる口というその穴からは

一日に一分、長くなっていそうな

昔話が聞こえてくる


一日に一㌔、遠くなっていそうな

視線の先を見つめながら

一日に一㌍、弱っていそうな

音と息を吐き出している


物語でいう最終章に近づいた今、

記される文字は第2、3章辺りの繰り返し

芸がないのではなく、それは、

何度語っても足りないことを表している


僕が自伝を記す中で

同じように毎日皺は増えよう

同じように毎日呼吸は弱ろう

しかし、一体、その最終章で僕は

何を、語れるというのだ
[PR]
by gallery_isolate | 2010-01-17 22:45 | poem(詩) | Comments(0)