恵みのオレンジ

多くの人たちが
目覚めはじめる頃
東の海の向こうから
オレンジを投げた

それは不思議なフルーツで
強い光を放ち
ゆっくりと孤を描いて
西に西に向かう

多くの人たちが
家路に着き始める頃
あの山の向こうに
オレンジが隠れた

ずっと眩しいのは
どうも疲れちゃうから
また明日早めに起きて
そのオレンジを投げよう
[PR]
by gallery_isolate | 2010-02-22 01:21 | poem(詩) | Comments(0)