予感

輪廻が真実ならば 今また此処からが
運命められた 憂いの時間

総てが転び堕ちる だから空、憧れる

今は道半ばだろう だけど余地も見えてる
救いの神、見(まみ)える
陽炎の合図とともに 鳴る音、揺らめく躰
[PR]
by gallery_isolate | 2010-03-30 23:03 | lyric(詞) | Comments(0)