病みに光は

独りでこの夜過ごす時間
圧倒的に淋しくて
紛らわすために家にある
灯りを総て点けてみた

2秒もかかって気づくこと
それは「意味がなかった」と
灯りは目の前映る影
さらに濃くして目立たせた

だから今この詩うたう
この部屋は何も点いてない
居心地のよさと便利さは
今、この場では比例しない

顔を照らすはパソコンの顔
から放たれる鮮やかな虹
あとは空気のよな音楽と
包める香りさえあればいい
[PR]
by gallery_isolate | 2010-11-14 00:07 | poem(詩) | Comments(0)