青(、)過ぎて黒

振り返れば冷めた両目が
夜も光って憑いて回る

頬を伝う雨のような
雫もとうに乾かされた

鋭利な言葉でつけられた傷に
癒す間なく、声を塗った

澄み渡る空の青に罪深さ覚えて
望まない霧雨さえ優しく思える
真実が意味を失くす夜の
透明な、光点を、問う点の、統制は…


逆さまに堕ちる個々の身体が
地に届いて孤高を呪う

澄み渡る空の青に罪深さ覚えて
望まない霧雨さえ優しく思える
明け方に届く光の意味も
当面は、争点の、好転は、聡明な、
読点が、盲点だ、透明な、光点は…?
[PR]
by gallery_isolate | 2012-07-04 23:24 | lyric(詞) | Comments(0)