20160323 iPhone SEと企業メッセージ考

「iPhone SEは、アップグレードされたiPhone 5s?」

iPhone SEが発表され、ウェブ等で様々な反応が現れていますが、よくわからないのが上の記事。(訳文であることも影響してるのでしょうが。)

誰でもわかっている内容に対して、何やらやたら怒っている様子。

ま、こんな記事は気にしなくてもよいとして、しかし私もiPhone SEに関するAppleからのメッセージの変化には驚きました。


組織からのメッセージは、その組織の精神状態が色濃く反映されます。

例えば、業界をトップを目指して追いかける挑戦者の立場であれば、あの手この手でアピールをしますし、業界トップとなればイメージ戦略として抽象的で上質なメッセージ打ち出し方をするものです。

c0172718_17313327.jpg


引越しのサカイも、挑戦者だった時代には印象に残るコミカルな宣伝を打っていたのに対し、現在は信頼と笑顔押しの業界トップらしい落ち着いたメッセージに。

逆に、業界トップにいながら焦りがにじみ出ているメッセージとしては、2007年のドコモの「DoCoMo 2.0」や2009年の自民党の宣伝(民主党ネガティヴキャンペーン)が印象に残っています。

c0172718_16295176.jpg


c0172718_1630871.jpg


さて、話を戻して今回のiPhone SEに関わるAppleのメッセージの何が印象に残ったかというと、

「とても人気の高いデザインを採用し…」
「多くの人々に愛されているコンパクトな…」

と、ユーザーの人気を裏付けに製品開発をしたことを堂々と伝えている点。

c0172718_18473142.jpg



c0172718_18473121.jpg



大画面化の流行に乗っかってiPhone 6を出した時も「みんな大きい方が好きだから」とは言わなかったはず。なので今回も、あくまで自らの意思でコンパクトなデザインを再度追究した旨を謳うのかと思いきや、なんとも素直な開き直り。


カンファレンスにて常に新しきを発信してきたAppleが、研究開発における一旦の極みに立ったことを(意識的にか無意識的にか)表しているのかもしれません。
上記のサカイやドコモのように、ビジュアルやキャッチコピーを抜本的に変えたわけじゃないにせよ、この変化は個人的に非常に衝撃的でした。


より大きな発表を行う印象のある9月に、Appleはどんな驚きを提供してくれるのか。もしくは今回の予感をさらに実感させるものとなるのか。

発表直後だったにも関わらず、もうその先を気にしてしまいます。

※各種画像をお借りしております。
[PR]
by gallery_isolate | 2016-03-23 21:02 | talk(雑文) | Comments(0)