20170209 頑な

少し前の話だが、ピコ太郎さんを徹底取材した番組を観た。

スタジオにおける司会者とピコ太郎の対談中、司会者が何度も「もうピコ太郎ではなく、古坂大魔王として話してよ」という趣旨のお願いをしていた。

だが、ピコ太郎さんは頑なに「いやいや」と、あくまで古坂大魔王氏はプロデューサーである、という姿勢を崩さなかった。

ピコ太郎さんが有名になり、テレビに出だした頃。
古坂大魔王氏のことを客観的に話すこのやりとりについて、「キャラ設定を楽しんでるんだなぁ」くらいにしか思っていなかった。

しかし、音楽とお笑いの融合にこだわり、相棒からも関係者からも認められずに孤立を深め引きこもりになっていた古坂大魔王氏。その貫いてきた信念に花を開かせた「ピコ太郎」という存在に、古坂大魔王氏は心から感謝と尊敬をしているのではないだろうか。

人生、何が起こるかわからない。
信じる者は救われる。
努力はいつか報われる。
古坂大魔王氏とピコ太郎さんは、いろんな教訓を体現してみせてくれたのだと思う。


[PR]
by gallery_isolate | 2017-02-09 12:52 | talk(雑文) | Comments(0)