少数派

皆が好きとされているものを好きになれなかったり、

周りの人が関心がないものを好きになっちゃうのは、

決して誰とも共感できなくていいというのではなく、

慣れない異国での生活にて耳にする母国語のように、

外との繋がりを感じる希少性への喜びはあるわけで、

わかる人とわかりあえることは寧ろ求めているんだ。

[PR]
by gallery_isolate | 2017-02-28 12:32 | prose poetry(詩) | Comments(0)