breaking the triangle

さりげない誘惑は
背伸びをした未成年

明け暮れた空色と
突然の風に似て

昨日にかけた言葉は
淡い日々の名残
夢にまで見えたような
深い闇、追い詰められていたのに

包み込むやり方ね…
仕方ないさ、終わりだね

死期の近付きを見たよ
モノクロームのなか、
通りかけていた道に
「近道」を探していたんだね

 叶えたらそれで終わり?
 砂漠で見つけた一粒の水
 世の哀れさえ感じながら
 敢えて立ち向かってあげるよ

 笑えるのは一瞬だったね
 恍惚を微笑で突き返すさ
 三辺が描く夢の角度なら
 奇麗にさらって…


土曜に見た動揺は
心震える悦びだった

霧にまかれてた景色は
作為的な行為
さらり流れる川のように
気付いたら、そこは、バラ色の壁

 さりげなく拭ってあげる
 迷える森で流した涙
 きらめく瞳に興味はないが
 枯れた後なら拾うよ

 歌えるよ 別れのために
 ピアノで奏でる悲しいワルツを
 心を込めずに声を出すから
 心無き耳に利いていて

 叶えたらそれで終わり?
 恍惚を微笑で突き返すさ
 さらり流れる川のように
 心無き耳に利いていて
[PR]
by gallery_isolate | 2008-09-10 00:31 | lyric(詞) | Comments(0)