甘党の徳

頑張って頑張って、結果に現れなかった。

何故だろう?
僕は考えた。そして見つけた『甘』。

僕は何より頑張った?
それは前の僕。

決して周りより頑張ったわけではなく
自分を何処かで赦すような
甘があった。

僕は何かしらこの甘のおかげで
自分に限界をつけてたみたいだ。

それなら今までをどう処理する?

情けない?愚か?
いや、僕は自分にこう言った。

『今から今までの甘いのを食べ尽くしてやろう。
そしたらこれからは明るい未来しか見えてないぞ』
[PR]
by gallery_isolate | 2008-10-13 02:36 | poem(詩) | Comments(0)