自然の脅威

樹海の恐ろしさには気づけないから
綺麗に見えてたのか、あの杜は。
野蛮さが生み出した布石こそが
あの楽しそうに駆け回れる園なのか。

不思議な色をした魅力的なあの木は
大切に育てられた愛情が故に愛に飢え
欲しいものを全て捕らえられる性質を帯び
雨宿りで守ったその人に守られる。
[PR]
by gallery_isolate | 2008-10-13 22:58 | prose poetry(散文詩) | Comments(0)