Sweet Happy Ending

高まる欲望を抑え
隠す顔が増えていたのは知ってる

いつしか下げたハードルは
僕の視界を霧で霞ませていた

表情無きボードに
二本指で置かれる
騎士は勇者か駒でしかない
僕はどちらに映るの?

清らかな終結は
予想以上に後に
引きずる毒を持って
命を枯らすの


微かに見える光にも
必死ですがる僕の愚かさ

予知は現実的
理想より近く
髪を伸ばした?
笑顔をやめた?
僕はどこに移るのか?

死にかけた根はやがて
蔦へ用のない夢
無駄に託し続ける
灰色の時

清らかな後味は
これからにさよならを
告げるよ毒を以て

清らかな庭を刺す
はずのこの鍵はなぜ
潤えず朽ちていく
濃く、甘い終わり
[PR]
by gallery_isolate | 2008-10-15 01:02 | lyric(詞) | Comments(0)