20171011 サイン

ビジネスタイムにおいて印鑑を押す機会が多いのですが、インクの補充が頻繁な上に、ペンでチェックをしながらハンコに持ち替えるのも手間に感じています。

そんなこんなで、いずれは押印に代えてサインで済ませたいと思っている私。

そのサインの形状は以前から決めておりつつも、まだそんな時期でもないかなと思って温めているのですが、ふと、とりあえずデジタルデータを作ってみました。

c0172718_12492456.png

これは、私のファーストネームのイニシャルの”k”、ファミリーネームの頭文字の「た」、そして名前の読みから”92”のいずれにも読めるよう作った形です。

作ってみると、意外と個人的に気に入るものができたので、Facebook等でも使用していこうと思っています。


あなたも、あなたを示すあなただけのサインを形にしてみてはいかがですか?

[PR]
by gallery_isolate | 2017-10-11 12:50 | ideas(アイデア) | Comments(0)

ぜひ、日常的に使用される日本語フォントに追加していただきたい字があります。

それは…ご説明の前に、まず私の試作によるプロトタイプをご覧ください。

これです ↓↓

c0172718_17575059.png



少し縦長で、バランスも悪いですが、「行」です。

仕事において、返信用封筒やFAX回答用紙に「●● 行」と書いてくださっているものが多々ありますが、いちいち線を引いて訂正し、新たに「様」や「御中」とする作業を合理化したくて、いつもウズウズします。

そこで発案したのが、この「御様行(おんさまぎょう)」。

これを用いることで、「行」を消さずに少しパーツを書き足すだけで「行」を「様」「御中」に書き直すことができるというアイデアです。

こんな感じで… ↓↓

c0172718_17574528.jpg
今後、「御様行」のもっといいバランスを見つけていきたいと思いますが、もしこれが字(もしくは文書アイテム)として認められ、日本中の皆さんにご利用いただければ、時間とインクのごくごく僅かな節約の実績が、きっと山のような成果となってくれると思っています。

[PR]
by gallery_isolate | 2017-09-15 20:25 | ideas(アイデア) | Comments(0)

20170701 理想の電卓

事務に欠かせない電卓。

ここまで科学が進歩しているのに、少し作業を進めると戻れなくなる電卓に何度「あ~」と思ったことでしょう。

少しディスプレイが広くなって、計算の経緯が数行にわたって表示されて、必要に応じて十字キーで修正ができる電卓が、既存の製品から大幅にコストアップせずに実現すれば、電卓の新しいスタンダードになると思うのですが…。

どちらかのメーカー様、この開発にお付き合いいただけないですかね。笑

c0172718_12533403.jpg


[PR]
by gallery_isolate | 2017-07-01 22:30 | ideas(アイデア) | Comments(0)

先日、家の整理のために雑誌を3段カラーボックスに移動したかったのですが、よくあるカラーボックスにはA4サイズが縦に入りません。

そこで、一旦分解して、背板を切り貼りして、側板に強引に穴を開け、段の高さを変えました。


カラーボックスといえば縦横の組み合わせによっては、それだけで様々な家具に変身する優れたアイテム。

もっと便利に使えるようになったらいいな、と思っています。

理想は2つ。
(1)縦でも横でもA4が十分に入ること
(2)縦を横に並べた上に、横置きの3段ボックスがぴったり収まること


この条件を満たそうとすると、以下のようなアイテムになります。(かなりざっくり)

c0172718_18414569.png
いつか、時間があったらDIYででも作ってみたいな、と思っています。


[PR]
by gallery_isolate | 2017-05-17 19:13 | ideas(アイデア) | Comments(0)