カテゴリ:prose poetry(散文詩)( 218 )

言葉の力

言葉で嘘を刷り込むのは簡単なのに、

言葉で真実を理解させるのは困難だ。

なぜ人は吹きもしない風に流されて、

仲間を家族を嫌ってしまうのだろう。
[PR]
by gallery_isolate | 2017-08-21 18:44 | prose poetry(散文詩) | Comments(0)

幸せの灰色

幸せのために白さを求める人がいる


淡い灰色を纏ってきたこの世界を嫌い
白に染めようとする

染まったと思っていた白の中に
必ず灰色の跡が見つかってしまうのに

今まで白だと思っていた色すら
いつしか灰色に見えてきてしまうのに

幸せに近づくために白く染まり出した世界は
きっと幸せから遠ざかっていく


灰色である幸せに誰も気づけないまま

[PR]
by gallery_isolate | 2017-07-27 12:44 | prose poetry(散文詩) | Comments(0)

おもちゃ

母の言いつけを守って
床に散らかったレゴブロックを箱に片づけた

きっと僕を嫌うテレビの中の人たちは、
その箱の中だけを撮影して
「おもちゃがグチャグチャに入っています」と非難するんだ

[PR]
by gallery_isolate | 2017-07-24 22:41 | prose poetry(散文詩) | Comments(0)

We care.

‪We don't know another light like you.

Who misses the day one precious light goes out?

We care.

[PR]
by gallery_isolate | 2017-07-21 22:47 | prose poetry(散文詩) | Comments(0)

赤いコーン

アパートの前に何度も停められた迷惑駐車に対して
幾度となく注意書きを貼っても効果がなかったのに
ただ一度赤いコーンを置いたら現れなくなりました

言葉の力では改心しない頭のよくできた挑戦者には
赤の警告を以て予防線を張ることから始めましょう
[PR]
by gallery_isolate | 2017-06-24 10:20 | prose poetry(散文詩) | Comments(0)

近道への扉

複雑化は意図せず起こりうるが
単純化は常に判断を必要とする

出来る限り単純化することで
次の判断への近道が現れる

今から何かを導きたいなら
先ず目の前の道を開きなさい
[PR]
by gallery_isolate | 2017-06-17 07:19 | prose poetry(散文詩) | Comments(0)

交差点

停車中
向かいに僕のと同じ車が停まっている
みな、違う人生を歩んでいても
あの車内にいる人は
僕と同じような空間の中で
同じようなエンジン音を鳴らしながら
同じタイミングまで車を停めている
見ず知らずのあの人と
少しだけ似た人生を歩んでいる気がした

[PR]
by gallery_isolate | 2017-06-09 17:52 | prose poetry(散文詩) | Comments(0)

さかはさか

この坂を上り続ければ、どんな光が射すのだろうか

終わりとその先が見えない上り坂は、辛い


この坂を転げ落ちたら、どんな闇が待ち受けるのか

終わりとその先が見えない下り坂は、辛い



それでも私たちはどんな坂でも
時に糧とし、時に楽しみながら

生きている
[PR]
by gallery_isolate | 2017-06-08 23:00 | prose poetry(散文詩) | Comments(0)

選択

今乗車しているこの路線に下り線などない

乗客は皆、そのことを知っているようで判ってはいない


そんな一方通行の旅で立ち寄る停車駅で時より

乗り換え車両が待ち受けている


ホームの向かいにあるその車両への接続を選ぶのか否か


今乗車しているこの路線に下り線などない

乗客は皆、そのことを知っているようで判ってはいない

[PR]
by gallery_isolate | 2017-06-06 19:31 | prose poetry(散文詩) | Comments(0)

氷の人、氷の時

c0172718_12452590.jpg

冷徹な人
冷酷な人

きっとその人は氷の人

氷だから、冷たくないと
自分を保てなくなるのだろう


冷徹な人
冷酷な人

きっとその時は氷の時

氷にならざるを得なかった
理由がきっとあるのだろう



[PR]
by gallery_isolate | 2017-05-31 13:02 | prose poetry(散文詩) | Comments(0)