カテゴリ:talk(雑文)( 44 )

20170614 新たな動き

大変遅ればせながらLINEクリエイターズスタンプにチャレンジしてみようと思います。

まだ構想段階ではありますが、自分が使いたいものを作ることを第一に進めていこうと思います。

また、展開があったら報告をさせていただきます。
[PR]
by gallery_isolate | 2017-06-14 06:13 | talk(雑文) | Comments(0)

20170604 古くても

先日試してみたエムグラム診断(自分を構成する8性格」で、「新しいもの大好き」と診断されてしまった私ですが…

https://check.m-gram.jp/share/Kk3-HQrxTwLFOLfKsfL

持っているカメラは新しくありません。

私が使うのは、随分前に手に入れていたCanon EOS 50D。

と言っても、入手後ろくに使うこともなく、いつしかコンパクトさを優先してPanasonic DMC-GM1を使い続けていましたが、日頃からできるクリエイティビティの技の磨き方として、カメラに目を向けることにしました。

生まれて初めて取扱説明書も見ながら、改めて50Dを使いこなして行こうと思います。


c0172718_09540259.jpg



[PR]
by gallery_isolate | 2017-06-04 09:42 | talk(雑文) | Comments(0)

20170602 シンボルマーク

「5月中旬実施」のアナウンスからずっと待つこと約半月。
昨日6月1日から、ようやく2025年大阪万博誘致シンボルマークの一般投票が始まりました。
東京五輪のシンボルマークの一悶着を受けて、かなり慎重にことを進めてきたのでしょう。
私も、今回、数年ぶりに本件でこういったコンペ案件に挑戦していたのです。
もちろん、たくさんの作品の中で選ばれるのは無理で当然という思いもありつつ、しかしどこかいつも期待してしまう自分もいつつ、という思いで昨日の日を待っていました。
幼少期に関西(京都)で育ったことや、大学卒業後から少しだけ大阪に住んでいたこともあり、親近感を感じる大阪。
その地で世界中の人が笑顔になる様子を思い浮かべながら心を込めて作ったのですが、やはり結果は敗戦でした
たしかに、シンボルというよりはロゴタイプっぽくなったことも敗因の一つかな、と。
結果は残せておりませんが、一つの目的を持って情報を集め、整理し、アウトプットするというプロセスはいい刺激になるし、今後とも継続していきたいな、と思っております。
大阪万博が、誘致に成功し、トラブルなく、素晴らしい結果を残せるよう祈念いたします。

「誘致シンボルマーク一般投票ご参加のお願い」

c0172718_08285675.png

[PR]
by gallery_isolate | 2017-06-02 12:23 | talk(雑文) | Comments(0)

20170530 札幌の街並み

前回もちらりと触れた通り、先日北海道を訪れ、女満別空港に到着後、3日半かけて千歳空港まで移動し、宮崎に戻ってまいりましました。
様々な発見があった中で、大変印象的だったのは札幌のシステマチックな街の造り。
街並みが碁盤のように整理されている上、各交差点も東西と南北のコマ数で表示されており、初めて訪れる人にとっても目的地を探しやすい仕組みとなっていました。

c0172718_19142060.png
c0172718_19171169.jpg

(写真上:札幌でお世話になったレンタサイクル「ポロクル」の地図より
 写真下:南1西5の交差点)



私は、仕事をする上でも、趣味でデザインをする上でも、本質を捉えるために情報を整理することに重きを置いています。
そんな私にとって、この無駄のないシンプルな街のつくりに大変感銘を受けたのです。


ただ、もちろん、町や土地というのはシステマチックばかりがいいとは限りません。
歴史や人々の思いがその場所を形作ることだってあります。
地下鉄の表示デザインとしては、東京都営地下鉄と東京メトロによる色と数字の表示が大変わかりやすく私好みです。一方、福岡市営地下鉄では各駅にシンボルマークが制定されており、グラフィックデザイナー西島伊三雄氏の地元愛を感じることができて、これはこれで大好きなのです。

(写真:福岡市交通局ウェブサイトよりお借りしました)


街を歩くと様々な発見があります。知らない土地に行けば、初めて見る風景に、その理由を探してしまいます。
最近、小さな世界で生きている実感がありますが、やはり新しい風に触れるのは楽しいな、と深く実感した旅となりました。

[PR]
by gallery_isolate | 2017-05-30 21:20 | talk(雑文) | Comments(0)

20170529 ガリガリ君

先日まで北海道に行っていました。

なかなかバタバタしているので、旅のまとめには時間がかかりそうなのですが、ブログの更新が滞っていたので、今日は先ほど発見したことを記録いたします。

ガリガリ君は…

c0172718_23180098.jpg


Good design賞を受賞しているらしいです。

[PR]
by gallery_isolate | 2017-05-29 23:14 | talk(雑文) | Comments(0)

高校生の時に好きになった米国パンクバンドのTHE OFFSPRING。
"Pretty Fly"の"Aha~Aha~"というフレーズを皆さんもお聞きになったことがあるのではないでしょうか。


ライブバンドであり、これまでもリリースは数年に一度のペースだったのですが前作「DAYS GO BY」以降既に5年が経過しようとしています。
SPITZ然り、焦らずじっくり曲作りをする姿勢も嫌いではないのですが、5年ともなるとだんだん心配になってきまして。

ちょくちょくオフィシャルウェブサイトも覗いてきましたが、先日VocalのDexter Hollandによるブログがアップされ、そこにリリースが滞っていた驚くべき理由が記されていました。


それは、Dexterが「南カリフォルニア大学でPh.D(博士号)の取得に励んでいた」というもの。研究内容はHIV及びAIDSに関するもので、論文は175ページに及んでいるそうです。


そもそも”Dexter”(ガリ勉、の意)という愛称からわかるとおり、彼の勉強家・研究家としての顔は有名な話で、バンドが世界的に知れ渡ることになったきっかけの曲”Come out and play (Keep 'Em Separated)”も、実験中にフラスコで沸騰した培地を冷やす様子を見て思いついたフレーズだった、という話も。

バンド活動を抑えてまで社会に役立つ研究を深めるというパンクアーティストとしての斬新な姿勢に改めてカッコよさを感じざるを得ませんでした。そして、”the BAND IS BACK ON!”という高らかな宣言と共に再開する新しいTHE OFFSPRINGを楽しみにしています。

c0172718_12501480.png

[PR]
by gallery_isolate | 2017-05-18 23:00 | talk(雑文) | Comments(0)

20170501 FUKUOKA

先日福岡に行く機会があったのですが、福岡空港では驚きの連続でした。


まず、空港の中が数年前と随分違ってて、しばらく港内で迷子になりました。

c0172718_22380835.jpg



以前は確か南北のウィングに分かれていなかった気が。

そんな記憶すら曖昧になるくらい、別の空港へと変貌を遂げていました。



そして、ここからは福岡空港で発見した「大丈夫かい?」を3つほどご紹介します。


まずは、お土産屋「玉屋」さんの紙袋。

c0172718_07432048.jpg


これ、高○屋的に大丈夫かい!?


続いて福岡空港リニューアルのコンセプト。

c0172718_07432191.jpg



これ、ファミリ○マート的に大丈夫かい!?!?


そして、思わず購入したお土産「めん煎」。

c0172718_07432206.jpg


これ、め○べい的に大丈夫かい!?!?!?


外に出ると楽しい出会いがあるものです。

c0172718_07432217.jpg


[PR]
by gallery_isolate | 2017-05-01 18:20 | talk(雑文) | Comments(0)

フジテレビ「めざましテレビ」のテーマソングになって約一カ月が経つ、スピッツの「ヘビーメロウ」について思うこと。


初めてヘビーメロウを聴いたときから、「この曲は朝に、そしてこの番組にとても馴染んでいるなぁ」と感じました。(個人の感想です。)

そして、それは、私が長年スピッツを聴いてきたから、ということでは済まない、別の理由がある気がしていました。
c0172718_12091040.jpg

これまでのめざましテレビのテーマソングを思い出し、一つ発見したことがあります。

それは、シーンが転換してテーマソングが流れ始めるとき、今までは歌のサビから始まっていたのではないか、ということ。
(同番組を見ていなかった期間もあるので、この曲に限ったことではないかもしれません。以下も同様。)

出演者の「おはようございます!」のバックに始まる「ま~いにちがスペ~シャ~ル」だったり、外の定点カメラの映像に切り替わったタイミングで始まる「アイジャナイト ユウジャナイト 愛なんてきっと~意味がない YEAH YEAH」だったり。

恐らく、番組の影響力の大きさを考慮したのでしょう。歴代のラインナップを見ると、それぞれのアーティストが、自分たちなりのアプローチで、「朝から元気を出してもらえる曲を」と、張り切って珠玉のサビを準備したのではないでしょうか。


その中で、スピッツの「ヘビーメロウ」。

この曲の起用のされ方の特徴として、サビではなく演奏個所から流れ始めていることにお気づきですか?

1994年の放映以来、様々な方がテーマソングを担当してきましたが、「オリジナル曲」「バンド」という括りで絞ると、実はたった5組(リンドバーグ、TUBE、Mr.Children、SEKAI NO OWARI、flumpool)と少ないことがわかります。

スピッツは、数少ないバンド単位でのテーマソング担当として、メンバー全員で奏でる「音」で視聴者に気持ち良い朝を迎えてもらうことを選択したのではないか、そんな気がしてなりません。

そして、歌詞に目を向けると、「今日も元気に!」や「気持ちの良い朝」という定番のベクトルを見事にかわし、歌われているのは「泣いてもいいかい?」「期待裏切る」といった言葉たち。張り切って朝のテーマソングを書こうとすると思い浮かばない世界観を創り上げています。


声とメロディと言葉という強いパンチではなく、爽やかな「音」で出迎えてくれること。
そして、「朝から元気に!」というメッセージを押し付けない自然体な世界観。

テーマソング担当としてスピッツが出したこの答えこそ、私が感じた「朝への馴染み」の理由だったのだろうと思います。


加えて、「醒めない」という名のアルバムを出したあとに「めざましテレビ」のテーマソングを担当するという、偶然で微笑ましいアイロニーがツボにはまっています。

以上、勝手な解釈でした。

[PR]
by gallery_isolate | 2017-04-27 12:59 | talk(雑文) | Comments(0)

c0172718_12541568.jpg


イヴ・サンローランのシンボルマーク。

刺繍されたYSLの文字を見ると、各文字の重なり方が刺繍でもしっかりと表現されていることがわかります。

ブランド意識は細部まで。
タオル一枚からも学ばされました。

[PR]
by gallery_isolate | 2017-04-03 12:41 | talk(雑文) | Comments(0)

20170326 便利になること

Photobackというサービスで詞や散文詩などをまとめた本を作ったことがあります。

これは、オンラインで、編集から印刷発注まで一括して行えるサービスです。

アップロードしている写真や編集内容の保存期間は14日であり、一度編集すると、その日を起点に期限が14日後に延長されるという仕組みとなっています。

保存期間を過ぎるとデータが消去されますが、事前に期限が近づいている旨をメールでお知らせをしてくれるので、うっかり知らない間に消えてしまうこともありません。

当初、そのメールでは、期限が近づいている旨のお知らせだけが記されており、あとはPhotobackにアクセスして、ログインして編集画面まで開かないと保存期間の延長ができませんでした。

それが、しばらく経つとメールの中に、期限延長のURLが記載されるようになり、そこからジャンプするだけで、期限延長手続きが完了できるようになりました。

これは大変画期的なことで、ログインも編集画面を開く手間もなくなったので、しばらくデータを置いておきたい私にとってはとても素晴らしい改善だったのです。


しかし、ここ最近、その素晴らしい改善が静かに幕を閉じ、再び単に期限が近づいている旨をお知らせするだけのメールにこっそり戻っています。

察するに、便利な仕組みにしたせいで、まともに編集を続けずデータは蓄積されてしまうのに、印刷の発注数が伸びなかったのではないでしょうか。

便利になると人はそれに慣れてしまい、それが提供されていることが普通であるという基準で物事を考えてしまいます。

きっと日本のサービス業が充実しているのは、実は日本人はそこそこにわがままで、提供側がそれに合わせて充実したサービスを提供することに必死になってきた結果なのだと思っています。

しかし、ヤマト運輸の決断然り、このPhotobackの決断然り、これからは国民が昔できていた我慢を少しずつ取り戻す時代が来るのだろうと思います。そして、それが人間的な成長につながるものと期待しています。

c0172718_08335552.jpg


[PR]
by gallery_isolate | 2017-03-26 08:06 | talk(雑文) | Comments(0)