カテゴリ:talk(雑文)( 44 )

「路地裏リブレット」

言葉の選び方や文末の表現等、人の綴る言葉にも好みがあるわけですが、久しぶりに「いいなぁ」と思える綴り手さんを見つけました。

「路地裏リブレット」。
紹介として、備忘として、ここに掲載させていただきます。





[PR]
by gallery_isolate | 2017-01-07 12:59 | talk(雑文) | Comments(0)

リオ五輪閉会式。

日本のプレゼンタイムは、下手に日本に振り切り過ぎず、おしゃれなユーモアも交えつつ、音楽・ダンス・照明・プロジェクションマッピング・衣装等、全ての要素一つ一つにセンスを感じ
とても嬉しくなりました。

録画したのを何度も見ちゃいます。表現活動は、本当に楽しい、と。

何よりやはりエンブレムはA案で良かった。

そうでないと、最後のプロジェクションマッピングの秀逸なデザインの配色はなかったでしょうから。
[PR]
by gallery_isolate | 2016-08-22 23:52 | talk(雑文) | Comments(0)

​養命酒といえば、私が好きなゴルゴ13との驚きのコラボをされたわけですが…
http://www.yomeishu.co.jp/attachecase/

c0172718_1810138.png




今度は「パロディ」で勝負しています。




iPhone6s website
http://www.apple.com/jp/iphone-6s/

iPhone 5c Introduction video
https://www.youtube.com/watch?v=gbYIVq51Mpc

Y!mobile(ロゴ)
http://www.ymobile.jp/store/product/iphone.html?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=lis_google_101


以上をご覧になってから、養命酒の以下のサイトをご覧いただくと、養命酒の相当の遊び心が伝わると思います。細部へのこだわりまで半端ないです。


夏バテにYomeishuモバイルキャンペーン
http://www.yomeishu-mobile.jp/


養命酒。
まだ飲んだことがないのですが、ブランドとして私はとてもファンになっています。


c0172718_18121547.jpg

[PR]
by gallery_isolate | 2016-08-02 21:00 | talk(雑文) | Comments(0)

20160504 閃きのトリガー

大学の教育文化学部生時代の授業計画案や大学祭の企画、東京・大阪のクリエイティブ会社勤務時の広報誌の企画書、オルスバンドで作詞作業…

ものを生み出す機会にそこそこ恵まれた人生を過ごしていると思います。

しかし、もちろん産みの苦しみに行き詰ることもしばしば。

そんなとき、私は考えに考え抜いた先に、WCで用を足したときにいいアイデアがアウトプットされます。(汚くてすみません)

他にも知人の中には、タバコで一服したときやお酒を飲んだときに絶好調な人も。

あなたの、閃きが現れやすいトリガーはなんですか?
[PR]
by gallery_isolate | 2016-05-04 10:12 | talk(雑文) | Comments(0)

20160502 カウントダウン

みやざき国際ストリート音楽祭が終わり、当面見えているライブは9/17を残すのみとなりました。

自身やメンバーの都合上、オルスバンドはそのライブをもって一旦休止となりそうです。

一年にも満たなかった活動でしたが、素晴らしい仲間に恵まれ素敵な音楽と共に駆け抜けた日々でした。

私たちらしく、最後のライブも新曲を3つも携えて締めくくる予定です。

せっかく生み出した曲たちを、いつかは音源として残したいと思っています。

その目処は立っていませんが、人生が必然で動いていると思う僕は、休止の理由が解けたときにはきっとそのときに必要な人たちが周りにいてくれる気もしています。(もちろんそのための努力もします。)

ミドル、パンク、ポップの3つの新たな個性を放つべく残り2ヶ月間準備してまいります。

c0172718_10550730.jpg

[PR]
by gallery_isolate | 2016-05-02 21:02 | talk(雑文) | Comments(0)

20160423 リハーサル

4/29(金・祝)に行われる「みやざき国際ストリート音楽祭」に「オルスバンド」として出演させていただきます。そして、昨日もリハーサルが行われました。
普段からあまり口数が多くないバンドメンバー同士。しかし、同じ曲を演奏していくうちに少しずつ音が固まっていきます。お互いがそれぞれの音を聞いて、周りとのバランスを合わせながら自分の立ち位置を固めていきつつ、皆と息を合わせていっているようです。
楽器を持たない私は、その阿吽の呼吸っぷりを見て心強く感じています。
当日は、ぜひいろんな音楽を堪能していただきながら、14:15〜14:50はカリーノ前にてオルスバンドをご堪能ください。
c0172718_15400150.jpg


[PR]
by gallery_isolate | 2016-04-24 15:30 | talk(雑文) | Comments(0)

20160330 慣れ

怒られることに慣れてはいけない。
反省することを忘れるから。
万人に嫌われる行為をしてはいけない。
生きる公害とならないために。

ただ、相性が故に嫌われることは、
どうしようもなく起こること。
水と油は混ざりえないし、
それに気づきあえただけで御の字だ。

嫌われ慣れてよかったことは、
視界の彩り失わないこと。
嫌われ続けてよかったことは、
歩んでる足が停まらないこと。
[PR]
by gallery_isolate | 2016-03-30 21:02 | talk(雑文) | Comments(0)

先日、結婚式参加を前に髪を切りに行きました。
初めて行った美容室で、その日最後の客となった私がいた滞在時間はなんと2時間半。
もちろん、超ロン毛でもなければ、カラーをしたわけでもないのに。

ただ単純に、「食」の話が盛り上がったのです。
3年前に名古屋から宮崎に移住された美容師さんは宮崎を食べ歩きまくっていらっしゃって、私のiPhoneのメモ帳には、しばらく食べに行く選択肢に迷わないだけのおすすめを教えていただきました。

やっぱり、食はすごい。
食の話で幸せにならない人って少ないんじゃないかな、と思います。


食と言えば、先月(少なくとも私からは大変)惜しまれながら閉店した、宮崎市広島のBIG DADDYという店がありました。
アメリカン好きな私としては、内装もメニューも味も絶対的に好きな場所だったのですが。

しかし、なんと宮崎市熊野に同じにおいのするお店があるというじゃありませんか。
早速、先日足を運んでみました。

そこには…
c0172718_17151411.jpg

じゃん

ここは、宮崎市内から青島方面へ直進した先の、モスバーガーや忠太郎茶屋がある区画にある「THE GOOD DAYS」というお店で、2015年6月にオープンしていたとのこと!

今まで知らなかったのが不覚であったと心底思うほど、ツボなお店です。
非常口表示を始め、店内に入っただけでアメリカを感じる内装と、ビッグサイズのハンバーガーをはじめ、ステーキライス、タコライス、タコス等…食べるだけでワイルドになりそうなメニュー。

宮崎にいながら少し米国情緒を味わいたいあなた、ぜひTHE GOOD DAYSを体験してはいかがでしょうか。

c0172718_1722457.jpg

[PR]
by gallery_isolate | 2016-03-28 21:02 | talk(雑文) | Comments(0)

20160325 報道ってなんだ

「自民・大西氏が女性蔑視?」

自民党議員が「巫女のくせに」と発言したことが問題視されています。
また、一人間の言葉尻をつかんで大々的に報道されていますが、他に取材し伝えるべきことはないのか、と思ってしまいます。

この「巫女のくせに」は、本当に女性蔑視の性格を帯びているのでしょうか。

c0172718_21243285.png


聞けば、ことが起こったのは選挙の必勝祈願の会場であった北海道神宮。
そこに所属している巫女さんから、ビジネスで言うところのお客さんである団体のことを「好きじゃない」と言われれば、それは「(必勝祈願を開催している神社の)巫女のくせ」と気分を害してしまうのは理解できる気がします。

また、別の可能性としては、「主として日本の神に仕える女性」(Wikipediaより)が、参拝に来た人の所属団体を見て応対を変えることは適切か、という意味での「巫女のくせに」であれば、それはまた捉え方が変わってくるでしょう。

もちろん、そうじゃなくて本当にただの女性蔑視なのかもしれない。
ただ、そこのところの精査がしっかりとされていないまま、報道されているのであれば、これはただの揚げ足取りであり、政治活動の足かせであり、報道の受け手の時間の無駄であります。

c0172718_21251283.png


2月にあった丸山議員のオバマ大統領に関する表現の報道もそう。
アメリカではかつて黒人が奴隷として扱われていたというのは、歴史の教科書に載っていることであり、そう言った時代を経て、今、時代は変わったという意味だったとしか聞こえず、そこには何の違和感もなかったのですが。
(ただ、「米国の51番目の州」の方は真意がよくわかりませんでしたけれども。)


昨日述べた「テレビ嫌い」の原因の一端は、こういうところにあります。
[PR]
by gallery_isolate | 2016-03-25 21:02 | talk(雑文) | Comments(0)

20160324 番宣の功罪

あまりテレビを見ることのない私も、最近ようやくアメトーーク!は面白いな、と思い始めまして。DVDを借りてバックナンバーを楽しんだりしてます。

「マツコの知らない世界」にも共通することですが、その道にはまりまくっている人が熱く語ってくれると、どうしても興味が沸いてくるものです。

先日見た、「ジョジョの奇妙な芸人」を見て、それまで心底毛嫌いしていた「ジョジョの奇妙な冒険」の第一章を一気に読み切り、素直に「面白いな」と思った自分に驚いたくらい。

私が思うこの番組の魅力は、「好きなことを話したがり」の出演者が、他の猛者も知らないような知識やエピソードを我先にと披露し合う様子。
そして、スタッフが苦労して探し出したであろう、出演者の発言に該当する証拠(マンガの1シーン等)が画面の隅にひょこっと現れる様子。

この組み合わせで、出演者がどれだけその対象を好きなのか、そしてどこに魅力があるのかが伝わり、その証拠画像が現れることで視聴者に向けたさらなる笑いも生まれることで、あっという間の時間になるのだと思っています。


しかし、2016年3月3日放映の「のび太のパパ&ママ芸人」はそれとは少し違ったようです。


c0172718_18473443.jpg




出演者がエピソードを紹介する度に「こちらをご覧ください」と言って、しっかり準備された映像に飛び、その披露も順序よく行われ、お互いの知識に驚き合うこともなく進んでいきます。

時に見解の違いや知識の優劣が出るところも面白いはずなのですが、今回は皆さん競いたがっていなかったように見えます。

なるほど、今回はいつもより入念な台本があるな。
なるほど、それで暴走しそうな芸人は外してるんだな。
なるほど、台本があるからスポーツ選手や歌手も出演できてるんだな。

そんな素人予想をしていたら、最後にドラえもんの最新映画の宣伝が流れたところで合点がいったわけです。

ドキュメントを見てたら青汁の宣伝だったという絶望感は誰しも味わったことがあると思いますが、この週はそれにかなり近いものを味わった気がします。

でも、それが毎週続くわけでもないでしょうから、引き続きテレビ嫌いの私もアメトーーク!は継続して見ようかな、と思っています。

[PR]
by gallery_isolate | 2016-03-24 21:02 | talk(雑文) | Comments(0)