<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

転嫁

雨だからかな

話しづらいのは

雨だからかな

重い空気は


昨日の後に

僕の知らない

時間があるから

不安になるね


雨だからよね

目が合わないのは

大丈夫だよね

明日晴れれば


でも現実が怖いから

やっぱり明日も、雨よ降って
[PR]
by gallery_isolate | 2010-06-22 00:18 | prose poetry(散文詩) | Comments(0)

はじいたような

暑いだけの部屋を
抜け出すから
動かないで待っていて

雨は降っていない、
ここから 辿り着くまで
傘は持たないまじない


最後に受け取ったのは
声ではなく文字
表情もなく過ぎて

揺り篭の片方を
押さえ、放した
そのまま転がり始めた
せめて最期に
傍に、傍に

(間奏)

もう二度と会えないと
解った時
暗い空に救われた

いつまでも筆の先の
白いインクを
はじいたような模様に
包まれてたい
永久に、永久に、

脆過ぎた僕たちの
脆過ぎた約束の
代わりに僕を繋いだ
ありがとうを言うよ
はじいたような

空に、空に
[PR]
by gallery_isolate | 2010-06-20 04:46 | lyric(詞) | Comments(0)

ありがたき、ふしあわせ

やさしさならば
うけとれるけど
そうじゃないなら
くるしいだけね

おそれまぎゃくの
あなたさまから
そんなきもちは
ききたくなかった

いつもじかんを
テイクしてくれ
いつもなにかを
ギブしてくれた

へいぜんとした
うらぎりをみて
ぼうぜんとする
ながいぶんめん

いつもきょうしゅく
ありがとう、けど
いまはきょうふね
さようなら、だから、

やさしさならば
うけとれるけど
それはかなわぬ
かんけいなのね
[PR]
by gallery_isolate | 2010-06-04 00:37 | prose poetry(散文詩) | Comments(0)