<   2010年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

silent birthday

さぁ扉を開けよう 冷たい風吹くけど
黒い空に一つ 白い息昇らせた

「何となく」の誘いが 似合わない今日の日に
「どうしたの?」って言葉で 駆けつけてくれた君

怖がらず 伝えたい

ねぇ 僕には何もないけど
月並みの言葉だけど
「傍にいて 笑い合えれば
それだけで特別だから」

不器用さに隠れた
この願い、叶うといいのに

プレゼントの包みは 少ししわが出来てる
「手作り」の言い訳で 許してもらえるかなぁ?

寒い夜は言葉も 引き籠りがちだけど
今こそ飛び出さなきゃ 心が風邪ひくから
震える声を聞いて…!

「寒いから手をつなごうよ」
初めて君に触れた日に
輝いた景色の中で
二つの吐息が混ざる

「傍にいて」
「傍にいて」
「傍にいて」
結ばれて…

夜を越えて『新たな普通』の朝を迎えたくて
[PR]
by gallery_isolate | 2010-12-12 17:33 | lyric(詞) | Comments(0)

contrast

真黒な色した景色に
真白な色をした吐息

かじかんでいるその赤い手と
ナーバスで青くなった顔


辺りが静かすぎる夜で
自分の鼓動がうるさいな

雪はすぐ地に染みていくのに
無言の時は続いている

街の二人は腕組むのに
僕たちの間には20センチ

やわらかな笑顔したいけど
ぎこちなく固くなってしまう


木の先についた星は今や
電球が切れかかっている

赤い帽子もトナカイもない
黒いコートで来てごめんね

白い布袋もないけれど
大きなギフトもないけれど

今日一番届けたいのは
何よりも大きな気持ちで


だから氷点下の寒さも
手をつなぐための武器にする

正義を信じている僕だけど
今日は君をさらう悪魔だ


冬の夜はcontrast
抱えてたこの思いをtrust
思い切ってランプを照らすと
そのチャンスこそが、きっとラスト

だからあたって向かってくんだ
だけれど決して砕けたくない
凍える季節を二人で
過ごして温め合いたい

醒めてほしくない夜の後には
新しい「二人」の朝が来る
[PR]
by gallery_isolate | 2010-12-06 12:28 | lyric(詞) | Comments(0)