<   2014年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

夜明け前

目の前に続く階段見上げた
後ろから腕を引かれそうになった
ゆっくりと僕を邪魔するあの日の面影は
雨のような棘になった

溢れ来る光なら、闇の方が綺麗で

咲いていた花に憧れた心も隠さないで
誘う指は振り払った

気付かない? 光なら、闇の方が明るかった

夢は千切れた 痛みに触れたんだ
夜が明ける前 抜け出せたら
僕はこれから…

置き去りにしてた枝に残していた香りならば
風を吹いて解き放って

深い影、寒い傷、病みと朽ち、歪む未来

明るい日差し浴びて底無しの明日を見た
ずっと心に在る景色を、この手に…

目覚めた朝は眩しく照らされた
尽きぬ願い 残したのは、
「永遠の自由を」と

今、この夢は千切れた 視界を黒に染めて
夜が明ける前、冷めた指で
永いさよならを
[PR]
by gallery_isolate | 2014-10-01 04:25 | lyric(詞) | Comments(0)