20170831 日本人感

「日本人は優しい」
「日本人は丁寧だ」

一般的にこう言われていると思いますし、確かに否定はしません。
しかし、偏屈な私はどうしても「そうかなぁ」と引っかかってしまうところが。


そこで、自分が納得のいく一つの仮説を立ててみることとしました。

それは…
「日本人は、基本的には圧倒的に他に厳しく、わがままな国民性である。同時に、悪者になることは避ける上、建前は全力で重要視する面も有する」


つまり、日本人は元々優しいのではなく、実は根っこはとても自己中心的なのだという視点に立った説です。


この仮説を前提に物事を観察してみると、よく目や耳にする「優しい国民性らしからぬ行為」も理解できてきます。

花火大会で他の人に紛れてゴミをあちこちに平気で捨てられるのは、その「根っこ」が見えているとき。

でも、日常で街を歩くときは目立ってしまうからポイ捨てはしない。(する人もいる)

自然災害という仕方のない原因で電車が動かないときに、怒りに任せて駅員に罵声を浴びせるのは、お互いに名も知らない間柄だからできること。

職場では優しいあの人が、レストランで見ず知らずの店員に対して態度が大きくなるのは、建前を繕う必要をオフにしている心理の現れ。

街に溢れた24時間営業のコンビニや日本製家電の品質のよさは、消費者の厳しい要望への対応の結果。

Twitterでは罵詈雑言の嵐なのに、顔の出ているFacebookでは綺麗事のアピールばかり。

汚いはずのお手洗いをいかに清潔に見せるかを一生懸命頑張る国。


優しさで言えば、外国で見ず知らずの人から優しさをかけてもらって涙しそうになった経験もあります。
これは、見知らぬ人には挨拶をしない日本ではなかったであろう経験。


もちろん、日本人が優しくないとか日本が良くないという話をしているわけじゃ決してありません。

一概にイメージだけで「優しい」「丁寧」という一言で自分たちを表現されることの違和感と危険性を感じています、という趣旨の記事です。

そして、自分たちに関する自分なりの解釈を持っていると、客観的に物事を考え、行動できるのかな、と思っています。

[PR]
by gallery_isolate | 2017-08-31 12:53 | talk(雑文) | Comments(0)

言葉の力

言葉で嘘を刷り込むのは簡単なのに、

言葉で真実を理解させるのは困難だ。

なぜ人は吹きもしない風に流されて、

仲間を家族を嫌ってしまうのだろう。
[PR]
by gallery_isolate | 2017-08-21 18:44 | prose poetry(散文詩) | Comments(0)

ネット配信の最後に流れた中国語は以下の通りです。



當然

もちろん


我從來沒有忘記我在亞洲的粉絲們

私はアジアで私のファンを忘れたことはありません


我一定會再去你們的國家辦演唱會

私はコンサートを行うためにあなたの国に行きます


無庸置疑 我一定會再去

私は行くのは間違いありません


[PR]
by gallery_isolate | 2017-08-16 20:41 | talk(雑文) | Comments(0)

20170814 他人事

最近気が滅入るくらい様々な不倫報道が流れていますが、ダウンタウンの浜田さんや千鳥の大悟さんの不倫騒動は、さほど尾を引いていないように感じます。

共通しているのは、奥さんが本人にガツンと言っているということが知られている点ではないでしょうか。

特に、小川菜摘さんの「意気消沈ゴリラ」報告は大変インパクトがありました。


奥さんが、説教を食らわした上でテレビに送り出している以上、周りがとやかく言って入る隙間がなくなるのでしょう。

でも、この2名についてはそうやって傷つくべき人の影が見えたから報道は誰も触れなくなったまでであって、逆に傷つく人の様子が見えなかったらここぞとばかりに盛り上がって、第三者が偉そうに意見していいのか、というのも甚だ疑問なわけで。


不倫問題なんて当人と一部のその周辺同士の問題であって、それ以外にとっては完全に他人事なんです。


そんなことよりも身近なメディアからは、もう少し自分たちや将来の子供たちに必要な情報に触れられる環境になるといいと日々思っています。
[PR]
by gallery_isolate | 2017-08-14 11:18 | talk(雑文) | Comments(0)

20170809 正しさとは

東京都府中市のミニストップの駐車場にて、無断駐車へのメッセージとして車に赤色コーンを乗せタイヤをロックし「はずしてほしかったら4万ください」などの貼り紙をした件について。

ミニストップ側は誰も傷つけていないのに謝罪をする必要があったのでしょうか。
ミニストップはむしろ被害者なのにその視点はなぜもっとクローズアップされないのでしょうか。

今年2月、マクドナルドが、店内で暴行を起こした客の顔写真を店頭に掲載して話題になった時も感じたことですが、「店」という括りで捉えられると店長や定員といった個人の苦しみが周囲に伝わらないのだと思います。

もう少し、自分に置き換えて考えてみたいものです。


法的に被害者側の方が立場が弱く、現状では泣き寝入りするしかないことは理解はしています。

そうした状況の中でよりよい社会を作っていこうと思えば、せめて報道機関くらいは、ミニストップが謝罪をしたことではなく、「無断駐車はこのように多大な迷惑をかけている」という視点で発信をしてほしいものです。

「店が不祥事(※)を起こしたという扱いにした方が”数字”がとれる」という感覚だけで発信する内容を考えているくらいなら、それらの迷惑行為をすべて報道機関にもすればいい、とすら思っている今日この頃です。※筆者は、今回の件は不祥事とは思っておりませんので、一応書き添えておきます。




[PR]
by gallery_isolate | 2017-08-09 12:59 | talk(雑文) | Comments(0)

20170807 ASKAさんの企画

ここ最近、ASKAさんが10月発売予定の新譜「Black&White」の制作過程をYoutubeで報告されています。
そして、その中の「Fellows」という新曲については、オケだけを公開し、その曲に合わせて自分が作詞作曲をした作品をみんなで投稿しようという企画を打ち出していらっしゃいます。そして、その作品を全てASKAさんが聴いてくださる、というのです。

小さい頃からCHAGE and ASKAを聴いてきた人にとっては、夢のような企画。
子育てに専念しバンド活動を控えている私も、どうしても我慢できず、自宅で完結できる方法で参加させていただきました。

私は、特に詞においては相当に時間がかかる性質でして…

①方向性を決める
②その方向性に向かって言葉を書きなぐる
③仕上げる(譜割りの調整・言葉の過度な重複や矛盾がないかの確認等)

という3段階で進めるわけですが、①と③、特に③に相当時間がかかってしまいます。

なので、ASKAさんからこの企画が提案されて間もなく作品をアップされていた方々は本当にすごいな、と素直に驚いてしまいました。


何の影響も受けないよう、自分の作業が全て終わってから、既に投稿されている他の方々の作品を拝聴したのですが、こんなにもかというくらいメロディも詞もそれぞれのアプローチがあることがわかります。

この多様性を楽しむことこそ、ASKAさんのねらっていたところなのでしょう。


恐らく唯一といっていいでしょう、自分で歌わずにメロディラインの音で乗せただけの(2017.08/10更新しました)自宅で鼻歌レベルの歌を録っただけの不甲斐ない参戦となってしまいましたが、歌詞は誰にも負けていないつもりです。よろしければ聴いてみてください。

そして、「ASKAのFellowsを、私が作ってみた」というタイトルで上がっている他の方の作品もぜひ覗いてみてください。さらに、よかったらあなたも参加してみてはいかがですか?


なお、私が書かせていただいた「滑走路」については、ASKAさんが原曲として掲げているテーマ「Fellows」(=仲間)をベースとしつつ、オケの音色から「苦しかった時期から飛び立つ」という視点を着想し、書いてみました。




滑走路

今までの僕の毎日はまるで海の暮らしで
浮くことも沈むことも「今日の波」に任せていた

いつからか光も届かぬ底に佇んでいたけれど
水をかき 陽を浴びて 息を吹き返すんだ

向かい風が吹く海でコンクリートを打った
二度と揺られたり流されないように
この希望の滑走路に立ってくれた仲間たちと
一緒に飛ぼう 前より高く

[PR]
by gallery_isolate | 2017-08-07 12:30 | talk(雑文) | Comments(0)

滑走路

今までの僕の毎日はまるで海の暮らしで
浮くことも沈むことも「今日の波」に任せていた

いつからか光も届かぬ底に佇んでいたけれど
水をかき 陽を浴びて 息を吹き返すんだ

向かい風が吹く海でコンクリートを打った
二度と揺られたり流されないように
この希望の滑走路に立ってくれた仲間たちと
一緒に飛ぼう 前より高く
[PR]
by gallery_isolate | 2017-08-06 01:22 | lyric(詞) | Comments(0)