やっぱり苔じゃなかった

ころころ転がり行き着いた地で
まき散らしていた希望のビラは
とっても薄くて小池に溶けた
浅はかな群れが信じた緑は

やっぱり苔じゃなかった
やっぱり苔じゃなかった
やっぱり苔じゃなかった
やっぱり苔じゃなかった


ふらふら動かず動かされずに
無駄に騒がず世界を見つめ
どっしり構えて苔のむすまで
深みを帯びて明日も揺るがぬ

それが本当の希望だった
それが本当の希望だった
それが本当の希望だった
それが本当の希望だった

[PR]
by gallery_isolate | 2017-10-20 17:54 | prose poetry(散文詩) | Comments(0)

人の集まりを例えて人の輪という表現がある
人が弧の一部を形成しているように聞こえるこれが
そのイメージに合致していない気がしてならなくて
僕は敢えて「人の海」という例え方をしたい

人は、複数の海に同時に飛び込むことができる
そして現代では雲の海に心だけ飛び込むこともできる
雲上の水を寄せ集めて自分だけの海を作ることだって可能だ

浸かる水の成分によって言葉の波はどんな顔にもなれる
笑顔の種、真実の鍵、見せかけの城、幼稚な凶器

揺るぎない軸を持っているつもりでも
その波に曝されて緩やかに、もしくは一瞬で自分が変わっていく

どの海に飛び込んで どの水と触れ合うか
どの波に流されて どの方向に向かうのか
誰と共に過ごして 誰を信じていくか
それだけであなたという人間は大きく変わっていくのだ


[PR]
by gallery_isolate | 2017-10-14 15:02 | prose poetry(散文詩) | Comments(0)

20171011 サイン

ビジネスタイムにおいて印鑑を押す機会が多いのですが、インクの補充が頻繁な上に、ペンでチェックをしながらハンコに持ち替えるのも手間に感じています。

そんなこんなで、いずれは押印に代えてサインで済ませたいと思っている私。

そのサインの形状は以前から決めておりつつも、まだそんな時期でもないかなと思って温めているのですが、ふと、とりあえずデジタルデータを作ってみました。

c0172718_12492456.png

これは、私のファーストネームのイニシャルの”k”、ファミリーネームの頭文字の「た」、そして名前の読みから”92”のいずれにも読めるよう作った形です。

作ってみると、意外と個人的に気に入るものができたので、Facebook等でも使用していこうと思っています。


あなたも、あなたを示すあなただけのサインを形にしてみてはいかがですか?

[PR]
by gallery_isolate | 2017-10-11 12:50 | ideas(アイデア) | Comments(0)

水の流れ

この水は
いつまで僕たちのために綺麗でいてくれるだろう

この水は
いつまで僕たちのために湧き出てくれるだろう

ただ一つ知っているのは
永遠に続くものなどないということ

限りあるこの時間を愛おしく想いながら
恵みを授かり、恵みに感謝し、恵みに還元していこう

誰かの手によって汚れてしまう前に

[PR]
by gallery_isolate | 2017-10-01 11:19 | prose poetry(散文詩) | Comments(0)