​七割どまりの幸せ

夏から秋へのグラデーションを感じ始めた9月の朝。

昨朝の雨を恨むことを忘れ、
少しずつ色づいていく視界を楽しみながら今朝を走っている。

建物も道路も公園も、鈍感な僕はそれ自体の変化は感じないが、
たった一つ、日々明らかに表情を変えて出迎えてくれる存在がある。

空だ。


今、建物の隙間から、
壮大なバラードを演出する照明のような陽の光が漏れている。

もっと開かれた空で見たい。
その一心で僕は、走る速度を上げ、いつもより手前で角を曲がり、
最寄り駅の西口から陽の光を臨む。

やはり壮大だ。
でも、もっと遠くから見たい。

走ろうと意識をしたことも覚えていない位、
気づけば西に向けて全速力で駆けていた僕は、
一つ目の横断歩道のところで立ち止まり、東の空を眺めた。

しかし、
数秒前を既に何段階も上書きしたような明るい空が
光の筋を完全に均してしまっていた。


それでも、
その景色に出逢い、その景色を追い求め、
その先の感動を想像できた。

思えば、この七割どまりの幸せを、
それでもありがたいことだったと思えるかどうかの積み重ねが、
いずれ幕を閉じるその時に幸せな人生だったと思えるかどうかを
心に残していくのではないだろうか。


そんなことを考えながら、時間と共に戻ってきた夏の中、
いつもの「今日の走り」に戻った。


c0172718_19122388.jpg

[PR]
# by gallery_isolate | 2016-09-29 12:59 | poem(詩) | Comments(0)

光合成のうた

良くない話が心に棲みつきスイッチを押せば
遠慮もなく増えてくから 見えない鎧になっていく

時計が壊れるほど速く永い黒も
宇宙に憧れるくらい重たく深い青も

少し立ち止まって時間(とき)に取り残されてみる
そして作り出す溜め息の白さで心を埋めて


瞼閉じれば昔のまま安らぎくれる場所がある
目を凝らせば向こう側に未知の煌めきが待ってる

朝顔くらい小さくささやかでもいいから
何遍でも蘇る喜びの種を持って

涙隠す雨がシャツを濡らしても逃げずに
その潤いを抱いたまま心渇かさないで

雨を降らせた雲もあの日立ち止まった理由(わけ)も
再び走り出したときの風の摩擦に任せ


強い陽射し浴びて新しい力に変えていく
それができれば昨日より強く今日を生きていける


よくある話さ 心は空っぽじゃ枯れていくだけ
溜め息と涙は次の陽射しを静かに待ってる
[PR]
# by gallery_isolate | 2016-09-04 09:30 | lyric(詞) | Comments(0)

リオ五輪閉会式。

日本のプレゼンタイムは、下手に日本に振り切り過ぎず、おしゃれなユーモアも交えつつ、音楽・ダンス・照明・プロジェクションマッピング・衣装等、全ての要素一つ一つにセンスを感じ
とても嬉しくなりました。

録画したのを何度も見ちゃいます。表現活動は、本当に楽しい、と。

何よりやはりエンブレムはA案で良かった。

そうでないと、最後のプロジェクションマッピングの秀逸なデザインの配色はなかったでしょうから。
[PR]
# by gallery_isolate | 2016-08-22 23:52 | talk(雑文) | Comments(0)

​養命酒といえば、私が好きなゴルゴ13との驚きのコラボをされたわけですが…
http://www.yomeishu.co.jp/attachecase/

c0172718_1810138.png




今度は「パロディ」で勝負しています。




iPhone6s website
http://www.apple.com/jp/iphone-6s/

iPhone 5c Introduction video
https://www.youtube.com/watch?v=gbYIVq51Mpc

Y!mobile(ロゴ)
http://www.ymobile.jp/store/product/iphone.html?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=lis_google_101


以上をご覧になってから、養命酒の以下のサイトをご覧いただくと、養命酒の相当の遊び心が伝わると思います。細部へのこだわりまで半端ないです。


夏バテにYomeishuモバイルキャンペーン
http://www.yomeishu-mobile.jp/


養命酒。
まだ飲んだことがないのですが、ブランドとして私はとてもファンになっています。


c0172718_18121547.jpg

[PR]
# by gallery_isolate | 2016-08-02 21:00 | talk(雑文) | Comments(0)

20160707

on the same day.
c0172718_10280658.jpg


[PR]
# by gallery_isolate | 2016-07-09 08:50 | picture(写真) | Comments(0)

20160504 閃きのトリガー

大学の教育文化学部生時代の授業計画案や大学祭の企画、東京・大阪のクリエイティブ会社勤務時の広報誌の企画書、オルスバンドで作詞作業…

ものを生み出す機会にそこそこ恵まれた人生を過ごしていると思います。

しかし、もちろん産みの苦しみに行き詰ることもしばしば。

そんなとき、私は考えに考え抜いた先に、WCで用を足したときにいいアイデアがアウトプットされます。(汚くてすみません)

他にも知人の中には、タバコで一服したときやお酒を飲んだときに絶好調な人も。

あなたの、閃きが現れやすいトリガーはなんですか?
[PR]
# by gallery_isolate | 2016-05-04 10:12 | talk(雑文) | Comments(0)

20160502 カウントダウン

みやざき国際ストリート音楽祭が終わり、当面見えているライブは9/17を残すのみとなりました。

自身やメンバーの都合上、オルスバンドはそのライブをもって一旦休止となりそうです。

一年にも満たなかった活動でしたが、素晴らしい仲間に恵まれ素敵な音楽と共に駆け抜けた日々でした。

私たちらしく、最後のライブも新曲を3つも携えて締めくくる予定です。

せっかく生み出した曲たちを、いつかは音源として残したいと思っています。

その目処は立っていませんが、人生が必然で動いていると思う僕は、休止の理由が解けたときにはきっとそのときに必要な人たちが周りにいてくれる気もしています。(もちろんそのための努力もします。)

ミドル、パンク、ポップの3つの新たな個性を放つべく残り2ヶ月間準備してまいります。

c0172718_10550730.jpg

[PR]
# by gallery_isolate | 2016-05-02 21:02 | talk(雑文) | Comments(0)

20160423 リハーサル

4/29(金・祝)に行われる「みやざき国際ストリート音楽祭」に「オルスバンド」として出演させていただきます。そして、昨日もリハーサルが行われました。
普段からあまり口数が多くないバンドメンバー同士。しかし、同じ曲を演奏していくうちに少しずつ音が固まっていきます。お互いがそれぞれの音を聞いて、周りとのバランスを合わせながら自分の立ち位置を固めていきつつ、皆と息を合わせていっているようです。
楽器を持たない私は、その阿吽の呼吸っぷりを見て心強く感じています。
当日は、ぜひいろんな音楽を堪能していただきながら、14:15〜14:50はカリーノ前にてオルスバンドをご堪能ください。
c0172718_15400150.jpg


[PR]
# by gallery_isolate | 2016-04-24 15:30 | talk(雑文) | Comments(0)

Dog'n'Doll Baby

砂のお城を蹴散らされて昨日までの空が曇ってく
天気予報は大丈夫でも今日の晴れまで邪魔されぬように

HEY 可及的に速やかにシートへスライドして
HEY 論理的にあり得ぬスピードを澄ました顔で

Don't look back, I have nothing to lose yeah
Don't look back, you have nothing to lose yeah
どうしようも救いもないこの星でただ頼れる相棒と一緒に
Someday I get free with Dog'n'Doll baby
Someday you get free with Dog'n'Doll baby, Go!
彷徨っても壁を突き破り直線で走る

遠慮なら一度落として駅前の交番に届け出た
文句さえ近づかせない遠心力効かせて五段飛び
HEY 厭世的に足踏みしてても仕方ないね
HEY 内部の敵に媚び売りゃお釣りも幾らか出るだろう

Let's take the highway to heaven looks crazy
Let's take the highway to heaven looks crazy
列を割り込みたいときは大声でいっちょ叫んでくれる相棒
Someday I get free with Dog'n'Doll baby
Someday you get free with Dog'n'Doll baby, Go!
また新しい景色が今日の僕たちを待ってる

Dog'n'Doll baby, everything is alright
Dog'n'Doll baby everyday so fine
もう停まる必要のないこのドライブで街路樹も逆立てて
Someday I get free with Dog'n'Doll baby
Someday you get free with Dog'n'Doll baby, Go!
次の世界の自分を妄信して突き進もう
また突き進もう
まだ突き進もう
まだまだまだまだ突き進もう
[PR]
# by gallery_isolate | 2016-03-31 21:02 | lyric(詞) | Comments(0)

20160330 慣れ

怒られることに慣れてはいけない。
反省することを忘れるから。
万人に嫌われる行為をしてはいけない。
生きる公害とならないために。

ただ、相性が故に嫌われることは、
どうしようもなく起こること。
水と油は混ざりえないし、
それに気づきあえただけで御の字だ。

嫌われ慣れてよかったことは、
視界の彩り失わないこと。
嫌われ続けてよかったことは、
歩んでる足が停まらないこと。
[PR]
# by gallery_isolate | 2016-03-30 21:02 | talk(雑文) | Comments(0)