美味しいものを欲しがる
癖追い始めたなら一直線
置いてけぼりの自我を隠せず
負い目を乗り越えて今覚醒

出逢わなければ後悔してたブロンドに輝く美しさを
纏う衣は僕の心の自由すらもとりあげていった

静かになったあなたを見ればすくわない術は無い
人々はファインダー越しに何を写そうとしていた?

夏の終わりの憂鬱なサンデイ
打開したい未来
ハンドル握り過去を振り切って
永遠と化した 今もあなたの

カラーアゲイン 僕の中に来て
カラーアゲイン 僕を潤して


あてのない旅に出ていたから
汗をかく度に手にした宝を
捨てて新たな道選んだ だから
挙げ句の果てには破れた殻

根深く生きる正気の沙汰で
過大な愛抱き
ハンドル握り日常振り切って
辿り着いた場所 またそこであなたの

カラーアゲイン 僕を満たしたまま
カラーアゲイン 何も変わらないで

そっと微笑みくれた
いつかあなたにまた逢いたいよ
この歌よ届け
そして心を潤して




[PR]
by gallery_isolate | 2017-01-07 12:52 | lyric(詞) | Comments(0)