t-pot

このポットは何にも満たされることはない


なぜなら

何をどれだけ注がれたとて

知れずに欠けた穴から漏れ出す

欠けた穴から減り続けるなら

他のポットに注げるはずなく


だから

このポットが何も満たせるものはない
[PR]
by gallery_isolate | 2010-01-15 18:35 | prose poetry(散文詩) | Comments(0)

saw

仮想に反してこの身から
塗装が剥がれ、築いていた
理想は脆くも崩れ去り
夢想の花は散り吹雪く

火葬を望める関係に
悲壮を添えて立ち尽くす
舗装は要らない、この道に
帰巣できるよ、ただ孤独へと
[PR]
by gallery_isolate | 2009-12-20 01:06 | prose poetry(散文詩) | Comments(0)

存在といえば

暗闇の中、

鞄の中から鍵を取り出そうとして、

なかなか手にその感触を掴めなかったときに、

急に現れた一本の街灯、


例えるならば、そんな感じでしょうか。
[PR]
by gallery_isolate | 2009-12-13 10:21 | prose poetry(散文詩) | Comments(0)

永い山

段を上る

どうしても万物が遠ざかる

その場所に立つとどう見える



段を権利と思える人は

顔動かさず、目だけで下界を見下ろすの


段をただの位置だと見るは

膝を曲げて、目を地平線にあわせるの
[PR]
by gallery_isolate | 2009-11-16 23:05 | prose poetry(散文詩) | Comments(0)

僕は悪魔

悪魔の声を耳にした

喰われた仲間、思い出した

人は喰わない、と口にした

悪魔をさらに憎みだした


人を憎むその前には

裁きの儀式、行って

「人間性」の有無を見る


無、と認められし者だけが

頭と心に隠された

牢獄に入り、憎まれる


此処に現わる裁き人、

人間性を語りつつ

人を裁いてしまうのは

人間性が、低いから


僕は純粋、悪魔だから
[PR]
by gallery_isolate | 2009-09-08 22:49 | prose poetry(散文詩) | Comments(0)

人間総合パッケージ仮説

はいー、あなたは男の子ですね、では最近数が減っているB―3タイプになってもらいます、球技好きな子でもよろしいですか、それなら将来性を考えて頭の形を良くしておきますね、声はあまりクリアにせず太くて低い声になります、異性への見られ方はちょっと遊び人で、人をちゃかすことが少し許されるオプション付ですよ、でも度が過ぎると人を傷つけ過ぎてしまうので気をつけてくださいね、では胎内にお進みください/次のあなたも男の子、ではさっきとは間逆のC―1タイプに設定しますね、その場合は残念ながら早くから視力は低下してしまうので眼鏡が似合う顔立ちにして髪もストレート気味にしておきますね、声は喉から出すことを特徴とする高めの細めで、同じ発言をしてもBタイプだと皆笑ってくれるのにCタイプのあなたが発言しても滑ってしまいますがそれも声質や立ち位置が原因ですのでそういった場に居合わせないことを進めます、あしからず、では胎内にお進みください
[PR]
by gallery_isolate | 2009-06-25 18:57 | prose poetry(散文詩) | Comments(0)

更衣室

「実はさ、」から始まる声は、
ドアノブを委ねている心
「それでね…」から始まる文は、
見せずにつないだ第三の手

宇宙よりも遥かに広い
引きだし続けて尽きることない
道が生み出す声を聞かせて
さなぎになれる場所が僕なら
[PR]
by gallery_isolate | 2009-05-26 07:26 | prose poetry(散文詩) | Comments(0)

メイオウセイニイマス

コレハレキシテキカイキョデスネ

デモワタシノナマエハノコサナイデクダサイ

イマワタシガココニイルノハ

コノウチュウセンヲツクッタヒトヤ

メンテナンスヲシテクレタヒト

ケンキュウカイハツセンターヲカンリスルヒトヤ

ケンキュウヒヲウミダシテイルコクミンノミナサマ

ヒトリヒトリノチカラデアッテ

ワタシハタマタマソノヒトノナカデ

カラダヲメイオウセイニモッテキタダケノヒト

ダカラワタシノナマエハノコサナイデクダサイ

-ツウシンカンリョウ-
[PR]
by gallery_isolate | 2009-04-04 23:52 | prose poetry(散文詩) | Comments(0)