タグ:気持ち ( 7 ) タグの人気記事

空気調和

いつも傍にいることが当たり前になると
その存在感を意識しなくなる時がきます


冬の間に顔を出した少し穏やかな暖かさ
無意識にエアコンを入れなかったのは久しぶりのことでした

その日もいつも通りの暮らしをこなしていただけなのに
あたり一面を支配した不思議な静けさと寂しさ

僅かに普段と違うことに理由を求めてみたところで
確かにそれとは違う何かに理由がある気がし続けました


そうして行き着いた答えこそが
今日は休んでいたエアコンの音


文字に起こせないほどぼやけた運転音が
静かな空間をほどよく埋めてくれていたことを

待ち望んでいた暖かさと引き換えに
失うことで初めて気づきました

空気調和設備と名付けた先人は
場の空気について言及した気はさらさら無かったであろうけれど


いつも傍にいることが当たり前になると
その存在感を意識しなくなっていたことを気づかせてくれました


[PR]
by gallery_isolate | 2017-02-17 20:10 | prose poetry(散文詩) | Comments(0)

転嫁

雨だからかな

話しづらいのは

雨だからかな

重い空気は


昨日の後に

僕の知らない

時間があるから

不安になるね


雨だからよね

目が合わないのは

大丈夫だよね

明日晴れれば


でも現実が怖いから

やっぱり明日も、雨よ降って
[PR]
by gallery_isolate | 2010-06-22 00:18 | prose poetry(散文詩) | Comments(0)

太陽の抵抗

八重川にかかるその橋に

Sherryを聞きながら運転席

雲が朝には似合わない

暗さを作ってしまうから

『空は心の鏡だね』と

心の中で呟いた


長すぎる赤の信号を

待っているこの左頬に

東から光射し出して

消えて、射しては、消え去って

『闇に対する抵抗みたい』と

バックミラーに呟いた
[PR]
by gallery_isolate | 2010-02-10 16:49 | prose poetry(散文詩) | Comments(0)

ことばの乗客

朝、何気なく交し合う一言も
合言葉のように繰り返した一言も

物語を描く長い長い文章も
旋律にのせた特別な文章も

手紙で綴りたい想い伝えるメッセージも
メールで済ませたありふれたメッセージも

電波に乗せて遠くに飛ばす声も
涙を伴って聞かせる震えた声も


すべてが、おんなじ「言葉」だけれど
すべてが、違った「表情」(カオ)している

すべては、「言葉」の行き交いだけど
すべては、「心」(キモチ)を伝えている
[PR]
by gallery_isolate | 2009-11-18 08:25 | prose poetry(散文詩) | Comments(1)

私は、求める

誰かのために何かして、

見返りはいらぬ、というあなた、

自分が信じた理想の中の

「無償の愛」を、掲げるの。


誰かのために何かして、

もちろん物は求めない、

それでも私は相手から、

「ありがとう」だけは求めてしまう。
[PR]
by gallery_isolate | 2009-10-09 22:50 | prose poetry(散文詩) | Comments(0)

魔性の水

四半世紀ぶりに巡り逢えた
子宮の次に居心地のいい水
かえす波も照らす光も
ありのままを許す不思議な水

歩みを停めて足を浸ければ
すぐ渦創り吸い込んだ水
溺れてもいいと思えたときは
その溺れ方は考えなかった

僕のインクは色が濃いから
点が円になってしまうね
染まりきれたら綺麗な水が
濁って元に戻らないのに

不思議な水は色を透かして
潜む純粋を暴き出しては
溺れてもいいと思わせたなら
刹那、窒息、もがき始める
[PR]
by gallery_isolate | 2009-08-02 10:21 | prose poetry(散文詩) | Comments(0)

気まぐれ

屋上から、

冷蔵庫を、

落とす。
[PR]
by gallery_isolate | 2009-06-12 17:47 | prose poetry(散文詩) | Comments(0)