光合成のうた

良くない話が心に棲みつきスイッチを押せば
遠慮もなく増えてくから 見えない鎧になっていく

時計が壊れるほど速く永い黒も
宇宙に憧れるくらい重たく深い青も

少し立ち止まって時間(とき)に取り残されてみる
そして作り出す溜め息の白さで心を埋めて


瞼閉じれば昔のまま安らぎくれる場所がある
目を凝らせば向こう側に未知の煌めきが待ってる

朝顔くらい小さくささやかでもいいから
何遍でも蘇る喜びの種を持って

涙隠す雨がシャツを濡らしても逃げずに
その潤いを抱いたまま心渇かさないで

雨を降らせた雲もあの日立ち止まった理由(わけ)も
再び走り出したときの風の摩擦に任せ


強い陽射し浴びて新しい力に変えていく
それができれば昨日より強く今日を生きていける


よくある話さ 心は空っぽじゃ枯れていくだけ
溜め息と涙は次の陽射しを静かに待ってる
[PR]
by gallery_isolate | 2016-09-04 09:30 | lyric(詞) | Comments(0)