ウラギリ遊び

裏切りは疑いを産み、
疑いは憎しみを産み
憎しみは痛みを産み、
痛みは悲しみを産み、

悲しみは空の色を変え、
悲しみは街の音を変え、
悲しみは地球の重力を変え、
悲しみは心に残り、

その心は傷を抱え、
その傷は癒えないから、
その代わりに、一つの心は、
傷を忘れるだけの裏切りを産む。
[PR]
by gallery_isolate | 2011-01-09 18:48 | poem(詩) | Comments(0)

艶舞

明かりは蝋燭
時間も判らない部屋

遮られた視界
引戸を閉めたなら

化粧の、香り、囁く言葉

そっと艶やかに
そっと軽やかに
そっと触れるから
ずっと止められない


優雅さを魅せる
拡がった袖の中

長い、爪と、滑る指先

もっと今夜は舞う
一途、涼やかには
きっとなれないさ
嫉妬生み出す部屋

I'm blotto. I embrocate it with lotion
In the grotto, you embrace me in slow motion

I'm blotto. I embrocate it with lotion
In the grotto, you embrace me in slow motion
[PR]
by gallery_isolate | 2010-08-22 07:38 | lyric(詞) | Comments(0)

時の矛盾

時の流れは
本当に遅く
月が黄金を
取り戻す迄
重き水かき
濃い時流れ
土に還りし
悦びが溢る

時の流れは
本当に速く
過日の笑顔
算出すれば
暦の一枚差
築く三十日
一桁に戻し
虚しさを得(う)
[PR]
by gallery_isolate | 2009-06-06 23:59 | poem(詩) | Comments(0)

本当の要素

昔、呟いたことのある
「キミの右側を歩きたい」。
3年経って思い出したら
本当に大切なのは場所じゃない、

やっと、そう、思えたんだ。
[PR]
by gallery_isolate | 2009-05-04 03:26 | poem(詩) | Comments(0)

東京タワー

今、東京の夜にいます。
赤羽橋に着きました。

ふと、顔を上げてみたならば、
東京タワーが見えました。

何、となく引き寄せられはじめ、
そちらに向かって行きました。

なかなか近付かないタワー。
やきもきしながら歩いていると、

瞬間、ビルに隠れてしまって、
すっぽり丸ごと飲み込まれても、

それでも直方体の端から、
真っ赤や橙は漏れていて、

見えぬのに消えぬ存在感も
僕の足を動かすその魔法も

すべての人を呼び寄せてしまうのも、
そしてなかなか近付けないのも、

まさか、安易に飲み込まれることすら、
それはまるで、君のようです。
[PR]
by gallery_isolate | 2009-02-24 06:48 | poem(詩) | Comments(0)

c0172718_2125473.jpg

[PR]
by gallery_isolate | 2008-12-31 21:28 | picture&poem(写真+詩) | Comments(0)