約1年前の記事「20170301 機能的なキーケース」にて、「しばらくは買い替える必要がないでしょう」と宣言した「KATHARINE HAMNETT LONDON」キーケース。

ですが、この1年で唯一にして大きな課題にぶち当たっていました。

それは、カード入れが少ないこと。
…と、いうより私が持ち歩きたいカードが多過ぎるだけなのですが。


狭いスペースに複数枚のカードを入れてしまったため、磁気の読み取りが調子悪くなってしまっているのです。

そもそもキーケースにカードを入れたがるのは、車の鍵と免許証を一緒に持ち歩けば免許不携帯の危険性がゼロになるという発想からでした。

それからというもの、生活のあらゆる行動を見直し検討を重ねた結果、キーケースで最低限の生活が送れるようにまとめたらいいのではないか、という境地にたどり着いた私。

そのためには独立したカード入れがある程度必要であることを自覚しました。

早速、キーケースをベースとしながらカードがたくさん入る商品を探索。

これがなかなか見つからないのですが、ようやく以下の2つの商品と出会えました。
c0172718_14115433.jpg
c0172718_14122421.jpg

カードキーやPASMO等の利用の利便性を考え、今回は②をチョイス。

早速、今週から使い始めております。

納品されたとき、思いのほか横幅が多くて不安になりましたが、車のスマートキーを挟んでも厚みが出ず、ポケットにすっぽり収まって今のところ快適です。

多機能キーケース。もう少し需要が出てもいいのではないかな、と思っております。



【今回ご紹介したキーケース】




[PR]
by gallery_isolate | 2018-03-24 21:00 | items(アイテム) | Comments(0)

今日は私が所有するお気に入りアイテムについて。

キーケースを使用し始めた10年程前から、何種類かを経て、昨年ようやく一つの素晴らしい製品に巡り合えました。

それは、「KATHARINE HAMNETT LONDON」のキーケース。

革製、複数のカード入れ、小銭入れという私が望む充実したスペックを兼ね備えていますが、何より一番評価したいのは「キーホルダーから鍵が落ちない」こと。

キーケースとして特筆すべきことではないと思われる方も多いかもしれませんが、これまで使ってきたものはすべてキーホルダーの部分(内側の、鍵をつなぐ部品)が数日に一度外れて、キーケースの内部で鍵が遊んでいた、ということが頻繁に起きていたのです。

それも、今回現在使っているものよりも高額な商品であったとしても、です。

その中でKATHARINE HAMNETT LONDON。
買ったものの目的が、まずはしっかりと達成されていることの潜在的で当たり前な安心感のありがたみを教えてくれている一品です。

しばらくは買い替える必要がないでしょう。



[PR]
by gallery_isolate | 2017-03-01 12:58 | items(アイテム) | Comments(0)